フラッシュカードで幼児の英語教育の効果を高める

みなさんはフラッシュカードをご存知でしょうか?紙に絵や言葉などが書いてあり、それを早くめくることによって、多くの情報を言葉と絵で子供に伝えることができるツールです。今回はフラッシュカードを活用して幼児の英語教育の効果を高めるおすすめの方法について掲載します。
始めるおすすめのタイミング
フラッシュカードは乳児から活用できます。私の上の子が誕生した時に、友達からドッツカードという種類のフラッシュカードをプレゼントされ、初めてフラッシュカードに触れることになりました。最初は半信半疑でドッツカードを寝ている赤ちゃんにめくり見せましたが、毎回手足をバタバタさせて喜んで反応していました。5ヶ月目で100と99のドッツカードなど1つのドッツの差でも見分けられる脳の素晴らしさにびっくりしたのを覚えています。
フラッシュカードを始める時期は早ければ早いほど良いかもしれませんが、どの年齢でもフラッシュカードは効果的です。私は英語のレッスンを始める時には大抵フラッシュカードから始めています。どの年齢でも目をキラキラさせてカードを楽しんでいます。
フラッシュカードを行う枚数や時間
カードをめくる速さは、1枚につき1秒程度と言われています。フラッシュとは瞬くという意味があるので、一瞬でカードをめくることにより、短時間でたくさんの言葉に触れることができます。
枚数についてもいろいろな意見がありますが、私は一度に1分程度で終わる枚数しか行っていません。あまり多くしても、集中力がなくなりますし、子供たちがまだやりたい!と思う気持ちの間にやめると、またフラッシュカードをやりたい気持ちになるのでこの枚数にしています。時間があり、子供が楽しんでいるのであればもっと長くしてもいいと思いますが、長くても一度に数分程度が良いでしょう。
めくる時は後ろのカードを一番前に移動させます。この時にカードの言葉を読み上げます。速さが大切なので、めくる練習を数回してから子供たちに見せてあげるのが良いかもしれませんね。
フラッシュカードはたくさんの情報を短時間で取り入れることができる一方、たくさんやりすぎて刺激のある楽しいゲームではなく、ただの記憶のトレーニング化にしてしまうと、効果は下がってしまいます。それで子供が受け身な態度になってしまう、独り言が増えるなどの否定的な意見が出てくると思います。
私が感じる限り、子供たちはフラッシュカードが大好き!早く移り変わる絵や文字は脳の刺激になります。何事も適度に行うことが大切なのではないでしょうか。
家庭で作れるフラッシュカード
本屋さんなどでもフラッシュカードを売っていますが、自分でも必要な単語などを手作りすると良いかもしれませんね。
その場合は、めくりやすいように少し厚めの画用紙を使うと良いでしょう。文字はできるだけ太く、そして赤色で書くと脳にインプットされやすいそうです。表は赤色の文字、裏には表の文字を自分の読みやすいように記入しておくと、めくる時にも文字を読みながら読んであげられます。上手に使いながら子供たちが楽しく語彙を増やしていけたらいいですね。
好奇心旺盛な子供たちは学ぶことが大好き!ご自宅でもフラッシュカードを上手に使いながら、子供たちとのコミュニケーションをとれるといいですね。
最新情報をチェックしよう!