バイリンガルの子供に育てる時のポイント (児童編)

赤ちゃんや幼児の時と異なり、学校に入ると時間の配分が変わり、自我などが出てくることに加えて、日本語が圧倒的に強くなります。英語を習っている子供たちにとっても、児童の時期は親としてどのように英語環境を作ればいいのでしょうか。

  1. 時間
    小学校に入学すると、幼稚園の時より時間がなくなる子が多いのではないでしょうか。学校の宿題に加えて、習い事をかけもちしている子供たちもいます。まとまった時間を英語に充てることができなくても、毎日数分を心がけて、とにかく毎日英語に触れる時間を作るのは大切です。英語の音楽やYouTubeを見てみたり、宿題の単語を書いてみたり、音読してみたり。語学は地道に努力しないといけないので、小さい時から毎日の日課になっていれば、自分たちで本気で英語をやる気になった時にぐんと伸びるでしょう。
  2. 単語力
    母語の日本語の語彙力もどんどん増えるのが小学生の時期。この時期に英語も単語力をつけるために、フォニックスを習得する事が第一段階です。なぜならフォニックスは、日本語のフリガナのようなものなので、フォニックスが習得できていると、意味がわからなくても本を読む事ができるからです。フォニックスは、YouTubeなどで“kids phonics”などと入力すると色々出てきます。無料の教材を活用するのも良いかもしれませんね。読むと今まで聞いたことのある単語が文字になって脳に記憶されます。そのようにして「知っている」単語を増やすことができます。
    読書のもう一つの利点は、夕方忙しいお母さんたちがつきっきりになって英語をやらせなくても、子供たちに「毎日何ページ」と約束しておけば、子供たちだけで読書ができるからです。Epicというアプリには沢山の本があり、読み聞かせてくれる物もあります。また、読んでいる単語がハイライトされるので、後に続きながら声に出して読むことができます。年齢ごとに絵本が選べるので、最初は簡単な赤ちゃん用の絵本から始めてみるのも良いかもしれません。
  3. 「英語をやりたくない」から「英語をやってみようかな」という気持ちへ
    幼児期は親が英語環境を作ってあげれば、子供は素直に英語を楽しんでいたかもしれません。年齢が上がるにつれ忙しくなる毎日の中で、英語は余分なお勉強としか見えなくなる子供たちも出てきます。また、日本語と英語のワーク、日本語と英語の読書をさせるのは親としても悩みどころです。そのような時こそ、親は少し肩の力を抜いて、長い目で子供の英語教育を見てあげると良いでしょう。毎日数分だけでも英語の時間を確保しながら、英語を学んで家族で海外旅行行こうね〜などと英語から得られるメリットについても話し合いながらモチベーションを高めると、子供たちも楽しみがあるので英語に取り組むやる気につながるかもしれません。
  4. 英語プログラムの参加
    費用はかかりますが、夏休みなどの長期休暇に、英語のみで過ごすプログラムを用意している学校や団体があります。時にはそのような場を利用して、子供たちに英語を使う機会を与えてあげることもやる気に繋がるかもしれませんね。学校や習い事で忙しい子供たちでも、毎日数分英語の時間を作ってあげることで、細く長くでも英語と関わらせていけたらいいでしょう。そして、英語に子供たちが目覚めた時には、その関わる時間を増やしていくことをおすすめします。子供たちの英語力向上やモチベーションアップのためにも、英語シッターサービスも上手く活用できたらいいですね。
最新情報をチェックしよう!