英語はいつから始めるべきか

 英語教育を行う目的は子供の発達段階により異なります。また、子供は音に対して敏感であり、幼少期は学校の勉強もさほど忙しくないため、早い時期に英語を始めることは良いことだと考えられています。あまり早期に英語教育を施すと子供が混乱するということも言われていますが、これは日本人の家庭で英語をメインの言語として教えた場合で、あくまでもメインの言語が日本語であれば問題ないようです。なお、日本人の家庭でバイリンガルに育てようとする場合には特殊な環境が求められますので、これについては別の記事に記載することにします。
生後半年〜:まずは聞き取れる音を増やすインプットの時期
 もちろんこの時期は言葉を話すことはできませんが、耳がいろいろな音を聞き分けたり理解したりするようになります。この頃から英語の音に慣らしておくと、英語を聞き分けられる耳を鍛えることができますし、音をインプットしておくと将来の発音も良くなります。また、CDなどの音声だけでは子供が反応を示さないこともあるので、「活きた」生の英語を聴くことをおすすめします。
2歳〜:英語を好きになり興味を持つ時期
 簡単なあいさつや単語を繰り返し話すことによってその言葉を覚えます。子供は夢中になって同じ言葉(例えばHello!など)を連発するので、保護者も一緒になって楽しみましょう。また、この時期に英語を教えようとするとやる気を損ねる恐れがあるので、あくまでも遊びのなかで楽しく英語にふれさせます。
5歳〜:英語でどんどん会話するアウトプットの時期
 この頃になると話している内容にも興味が出てくるので、思っていることをどんどん話してみたくなります。アルファベットを使って遊んだり絵本を読んだりして子供の興味に合わせてやり方を変えてみるといいかもしれません。
 重要なのは、週1回でもいいので続けることです。中学校に入ると英文法を重視した(受け身の)授業が始まります。その頃までに英語をやめてしまうと、英語で表現することよりも読み書きが先行され、話すことのできた英語の記憶が頭の中で孤立してしまい、ついには忘れてしまいます。帰国子女の方が日本に帰国した後、英語を使わないうちにしゃべれなくなってしまった例をよく聞きます。将来的に英語を定着させるためには、小さい頃に習得した英語を持続させることが必要です。そのためにも、保護者の方は子供と積極的にコミュニケーションをとるなどしてやる気を引き出してみてはいかがでしょうか。
最新情報をチェックしよう!