英語絵本の読み聞かせは有効か?おすすめをご紹介

こんにちは。英会話de保育のリトルハグです。
リトルハグでは主に英語ベビーシッターをご家庭に派遣して、子供の英語教育と保育サポートを行っています。よくあるお問い合わせとして、英語絵本を買ってはみたものの活用できておらず、外国人シッターさんに読み聞かせをしてほしいという声を数多くいただきます。シッターとの時間だけでなく、習慣的に読み聞かせをするとさらに効果が発揮されますので、日本人のご家庭でもできる英語絵本の読み聞かせについて詳しい情報を記事にしました。

そもそも英語教育において絵本の読み聞かせは有効なのでしょうか。また、子供に適切な絵本を与えるにはどうしたら良いでしょうか。

なぜ絵本か?

「ブックスタート」という活動をご存知でしょうか。自治体が0歳児健診などで絵本を無料で配布するという取り組みで、子供の小さい頃から絵本に触れると下記のようにメリットがたくさんあると広く認知されています。

  • コミュニケーションのきっかけになる
  • 様々な絵本の世界を見ることで好奇心が刺激される
  • きれいな絵やその世界観に触れることで視野が広がり、感性や想像力を育てられる
  • 言葉の表現に触れることで語彙力が養われる

英語に触れる方法としてもおすすめなのは、「絵本の読み聞かせ」です。親御さまが英語を話すのに抵抗があると思っていたとしても、絵本のように短めの文章を読むだけであればできるかもしれません。それに子供はママ・パパが大好きですので、一緒に楽しく読んであげればある程度の効果は得られるでしょう。どうしても英語で読むのには抵抗があるという場合には、外国人シッターさんなど他の人の力を借りてみても良いかもしれません。

なぜ英語での読み聞かせが良いのか?

赤ちゃんや幼児の子供に英語で絵本を読み聞かせてみたいと思うママが多い一方で、英語に苦手意識を持っており自分ではできないと考えている方も多いようです。CDや DVDを使うという方法もありますが、ママ(もしくは子供にとって心許せる人)が絵本を読んであげる方がお子様は能動的に聞こうとしますので効果は絶大です。また、ママが楽しんで英語の絵本にトライすることで、お子様も積極的に他言語を聞こうとします。

英語での絵本の読み聞かせはどのような効果を発揮するのでしょうか?

  • 日本語の絵本と同様に、子供に想像力や好奇心を持たせたり集中力や語彙力を向上させたりする
  • 子供に異文化を知ってもらうきっかけになる
  • 英語に抵抗なく触れることができ、小さいうちから英語に慣れ親しむことができる

子供の可能性を広げる意味でも、赤ちゃんや幼児期から英語での読み聞かせを行うことは早すぎることはありません。むしろ他言語に抵抗のない0歳児から行ってみると良いでしょう。

どんな場面で英語絵本を読むか?

一番は子供が読んでほしいと思えるゆったりとした時間帯に!

  • 就寝前(ベッドタイムストーリーとして)
  • 入浴後
  • 保育園に行く前など

英語教育が近年早期化し、親同士でも英会話教室やプリスクールに行かせているという話はよく耳にするのではないでしょうか。日本在住の外国人が増え、将来的に英語ができて当たり前になりつつある世の中ですが、お子様が小さいうちは焦らずお子様のペースで、とにかく楽しく英語に触れていきましょう。

選び方は?

それでは絵本を選ぶときにはどのようなことを意識すれば良いのでしょうか。子供によって興味を引くポイントは異なりますので、いくつかの絵本を試してみることが必要でしょう。

  • 赤ちゃん(0歳児)の場合には、一般的には、色彩が豊かで分かりやすく、あまり文章の長くないものを選ぶと良いと言われています。これだけでなく、ページをめくっていくだけでストーリーが無理なく入ってくるか、というポイントも親の目で見てみましょう。また、穴が開いていたり感触が異なっていたりなどの仕掛け絵本も楽しいかもしれません。
  • 幼児(1〜6歳児)の場合には、子供に選ばせるのも一つの手です。子供自身が興味を引くものから始め、それが気に入れば、そのシリーズのものをさらに与えると良いかもしれません。

買い方は?

絵本は本屋だけではなく、Amazonや楽天などネットでも注文できます。また、図書館の洋書コーナーに行ったり、Youtubeで気になる絵本を検索したりするといくつか見ることができますので、購入前に子供がどのような絵本のタイプに興味を示すか確認すると良いでしょう。

具体的にどんな英語絵本が良いの?

カテゴリー別におすすめの英語絵本をご紹介します(随時最新情報を更新していきます)。

お客様の声|英語ベビーシッターのリトルハグ

英語絵本の読み聞かせは有効か?おすすめをご紹介
最新情報をチェックしよう!