英会話が終わった後の子供との接し方

 英語を身につける上で「活きた」英語にふれることは大切なことです。しかし、外国人シッターとの英会話の時間が終了すると、元の日本語の生活に戻ります。そんなときに保護者はどのように子供と接すれば良いか悩まれる方も多いのではないでしょうか。
 まず、子供のやる気を引き出すことが大事です。英会話の終わった後に子供は覚えたフレーズを誰かに話してみたいでしょうから、日本語でも構いませんので保護者の方から「今日は楽しかった?」「何をして遊んだの?」とどんどん質問を投げかけましょう。それをきっかけに英語のフレーズが出てきたらそれに応えるようにしましょう。そうやって子供が楽しく遊んだことを思い出すことで、また英語で遊びたいという意欲が持続します。もしCDなどを使用する場合は、子供が飽きてしまわないよう保護者も一緒に聞いて積極的に子供に声をかけてあげてください。また、歌を歌ったり絵を描いたりして五感を刺激して楽しく英語にふれることもおすすめです。
 保護者のスタンスとしては、期待しすぎないことが大切です。教材やレッスンに高いお金を払ったと思うと、どうしても高い理想を求めてしまい子供に英語教育を強制してしまいがちです。この強制が子供のやる気を失わせる原因になります。一方で、子供がやる気を出したときの集中力には目を見張るものがあり、特に言葉の習得力は高いです。やる気を出したときには褒めてあげ、やる気を失ったときには今日はタイミングが悪いのだろうと割り切って、またやる気の出るタイミングを待ちましょう。言葉の習得する力については子供を信じて、保護者はやる気を育てる環境作りに集中することが大切です。
 英語を使ったコミュニケーションは子供の表現力を高めると考えられています。リトルハグの英語シッターでは、ご自宅での日常生活や遊びの中で英語にふれることができるので、シッティング終了後も同じ環境で保護者の方と続けて英会話を楽しむチャンスが多くあります。お子様が楽しく英語を始めるきっかけに活用してみてはいかがでしょうか。
最新情報をチェックしよう!