バイリンガルの子供に育てる時のポイント (赤ちゃん&幼児編)

子供にはできるだけ早いうちから英語を習得させたい、親が頭を悩まされた英語に抵抗をなくして子供の可能性を広げてあげたい、と考える親は多いのではないでしょうか。できるだけ生の英語を多く聞かせてあげるのが良いですが、他に考えられる方法をご紹介します。
  1. 英語に触れる時間を毎日できるだけ確保する
    赤ちゃんはお腹の中で5ヶ月目くらいから日本語を聞き、産まれてからも24時間日本語に触れているにも関わらず、約1年半から2年後やっと最初に話すのは、一言、ダーとかママ〜などの言葉です。もちろんそこからの言語の発達は著しいですので、そのことを踏まえると、日本語環境の中で英語をたくさん子供たちに触れさせる事はとても大事なのです。
  2. 歌や物語を利用する
    赤ちゃんは歌が大好き。英語の歌のCDなどはすぐに手に入りますが、やはり子供にはパパやママの声が一番です。ご両親が簡単な英語の歌を歌ったり絵本を読んであげたりすれば、子供はもっと大喜びで覚えるでしょう。発音に自信がなくても特に問題はないですが、もし不安があれば、外国人シッターが行うのを参考にしてみるのも良いかもしれません。
  3. 映画やテレビは英語で
    日本語が強くなる3才4才になると、日本語の方が分かるので日本語に自分たちで変換してしまう..と周りのママたちが言っていましたが、反対にそれ以前なら子供は英語だろうが日本語だろうが楽しくアニメなどを見ているので、せっかくのその時間を英語のリスニングの練習にしましょう。テレビなどで動作や場面などで覚えた言葉はなかなか忘れないので良い効果あります。
  4. 親がバイリンガルの場合
    日本人の親が子供に英語で話すなら、子供が混乱するとか正しい英語が身につかないのでは?などの意見もありますが、我が家では家では英語の会話。子供達は親戚、友達とは日本語環境で育ちましたが、相手によって言語をきちんと使い分けていました。日本に住む以上日本語もしっかり身につけてほしいので、普段の生活で日本語と英語の同時進行で教えてあげられると良いですね。
  5. ご家庭で親御様に気をつけてほしいこと
    英語でも何でもそうですが、楽しいと感じる時に吸収するものです。英語を習得させたいとの思いが早まってしまうと、子供は英語を”やらされている“とか英語を“勉強”させられていると感じ、楽しくなくなりやる気も失せてしまいます。子供はママが大好き。ママと一緒にやることはなんでも楽しいものです。声かけも”これって英語ではなんていうのだろうね?”とママも知りたいことをアピールするなど声かけにも少し注意すると良いかもしれません。
「テレビを見るなら英語にしなさい。」では無く、自然に毎回英語でテレビをつけるという方法もあります。最近では海外からDVD取り寄せなくても、Netflix, Amazon primeなどでもたくさん英語で番組を観られるようになりましたよね。
海外に行かなくても、格安で英語を日常生活に取り入れることができるようになっているので、上手に活用しながら家族で英語を楽しめると良いですね。
最新情報をチェックしよう!