【ランキング】外国人シッターおすすめの英語絵本

子供の成長や個性に合わせて、たくさんの絵本を読んであげたいと考えるママは多いのではないでしょうか。それが英語教育を取り入れた絵本だったらどんなものを選んだら良いの?今回はリトルハグの外国人ベビーシッターおすすめの英語絵本をランキング形式でご紹介します。日本語だけでなく英語も楽しめるよう効果的に英語の読み聞かせを導入しましょう。子供が気に入った絵本があれば、そのシリーズものを購入しても良いかもしれません。

それではランキングです!

第5位:Maisy’s wonderful weather book
著者:Lucy Cousins
オススメポイント:イギリスで生まれ日本でも有名なメイシーシリーズ、その種類は50を超えます。メイシーと愉快な仲間たちに子供たちも魅了されます。
Babysitter’s Comment: Maisy is a great children’s book character and this series are cute and simple stories.
第4位:Where’s Spot
著者:Eric Hill
オススメポイント:イギリス生まれのスポットシリーズ。お母さんがスポットを探し回ります。文字数が少なく、めくる仕掛けのある絵本ですので、赤ちゃんでも楽しめます。
Babysitter’s Comment: Can the mother (Sally) find Spot? This lift-the-flap book has a lot of cute illustrations.
第3位:Where is baby’s belly button
著者:Karen Katz
オススメポイント:アメリカ生まれの赤ちゃん向け英語絵本のシリーズもの。めくる仕掛けがあり、文章の構成も分かりやすいため、英語の苦手な親でも楽しんで読めます。
Babysitter’s Comment: Your baby can learn many body parts with fun. This lift-the-flap book let your child be pulled into the world.
第2位:Dear Zoo
著者:Rod Campbell
オススメポイント:動物がたくさん出てくるめくり仕掛け絵本。ポップなイラストが子供の心をとらえて離しません。
Babysitter’s Comment: This lift-the-flap book is about the zoo sending “pets” to a child and each is not proper because of some reasons. Your child may say the reasons after you read this several times.
第1位:Brown bear brown bear what do you see?
著者:Eric Carle
オススメポイント:アメリカ生まれの独特の世界観のあるイラストに赤ちゃん・幼児問わず魅了されます。「キラキラ星」の音楽にのって読むと楽しさも倍増です。
Babysitter’s Comment: Your child can learn many colors and animals with cute illustrations.
上記でご紹介したのはどれも有名で売れ行きの英語絵本ばかりです。絵本はあくまでも子供が主役ですので、幼児期になったら子供の反応や好きなことを頼りに、絵本選びも楽しみたいですね。
外国人シッターおすすめの英語絵本
最新情報をチェックしよう!