アメリカの離乳食事情

暖かくなりお出かけが楽しくなる季節になりましたね。小さな子供たちがいると荷物やトイレなどで、お出かけは一大イベントですよね。ましてや離乳食中の赤ちゃんとのお出かけは大変ですね。
最近は離乳食も買うママたちが多いと思いますが、それでもまだ多くの日本のママたちは手作りの離乳食を与えているのではないでしょうか。雑誌を見ても、赤ちゃんが食べやすいような大きさの切り方、野菜の柔らかさ、離乳食あげる時間帯、回数などほんとに細かく書いてあります。今思えばそこまで頑張らなくても大丈夫だったと思いますが、私も周りのママたちも当時は手作りしないとママとして手抜きしているのではという罪悪感に駆られ、すり鉢で離乳食作り、製氷皿に入れて凍らして作り置きしていました。
アメリカではどうでしょうか?
アメリカの食料品を売っている典型的なスーパーはほんとに大きく、その中でも冷凍食品コーナーの大きさにいつもびっくりしていました。大人でも手抜きなのですが、ベビーコーナーをのぞくと、大きな棚一面にベビーフードが並んでいます。
離乳食の段階によってラベルが貼ってあるので、自分の子の月齢や段階に合わせて買うことができます。作っても赤ちゃんが食べるか分からないからとか、自分が仕事をしていて忙しいからなど理由はありますが、基本私が会った典型的なアメリカンは日本の主婦のように、栄養バランスを良く考えたり、毎食何種類も作ったりとかはしませんでした。もちろん料理好きな人もいますが、日本であまり料理好きでなかった私でさえ、アメリカではスーパー主婦のように見られた経験を何度もして笑ってしまう事も多々ありました。
友人たちの赤ちゃんなどの食事を見ていても、少し歯が生えてきたら柔らかい赤ちゃん用のシリアルなど口で溶けてしまうような物を目の前に置いて、一人で食べさせていたり、身体が大きくなってもミルクのボトルを絶えず口にくわえていたり、この月齢だからこの離乳食!という感じではない気がします。
他の国の離乳食事情を知ると、これでなくては!というものに縛られず楽になりますね。でもせっかくだから赤ちゃんには手作りの離乳食を〜というのであれば、頑張った自分にご褒美としてベビーシッターなどを頼み、少し自分の時間を作るなどメリハリつけると、より子育てが楽しくなるかもしれませんね。
最新情報をチェックしよう!